さいたま国際&亘理 報告

Seads杜の都からさいたま国際マラソンへ1名、亘理復興マラソンへ大人6名、ジュニア2名が参加いたしました。
数名の方からレースまた大会の感想をいただきましたので、掲載させていただきます


○感想○

【さいたま国際マラソン】
⚫︎三國さん
初めてのフルマラソン、さいたま国際マラソンに出場し3時間45分51秒で無事ゴールできました。

完走(一度も歩かない)が第一目標で調子良ければ3時間45分を切ることを意識してさいたま挑みました。
第一の目標は37キロ過ぎから歩きたいと何度も思い何度も自分と戦いましたが、その都度応援してくれてるみんなの顔が浮かび頑張って走り切りました。
第二の目標は、今度までお預け。
後半に足が動かないのは根性だけではどうしようも出来ず、これが実力だし走る以外のトレーニングがいかに大事かを身をもって感じました。

さいたまに出ることを決めてから、フル経験の友達にレースペースとプランの決め方教えてもらい練習できて感謝です。
阿久津コーチには、ステップレースで松島ハーフ出場の背中を押してくれ、そのレースにむけ持久力とスピードのアドバイスを毎回いただきました。そして今回のフルにむけては今の実力にあったレースプランを教えてもらい、緊張してる私に声かけていただきホント楽になり楽しく走ることができました。凄〜くありがとうございます。


【亘理復興マラソン】
⚫︎横山さん
今回の亘理復興マラソンでは久しぶりに達成感が大きいレースとなりました。阿久津コーチの指示どおり、入りから5キロまでを3:45ペースで走り、6キロからはペースアップ、キロ3:40でおし、ラスト1キロは3:30でゴールすることができました。6キロ地点で他のランナーに抜かれたのですが、その方に必死に食らいついていったことが良い結果につながったと思います。最後の20メートルダッシュではその方に負けてしまいましたが、清々しい気持ちで一杯です。去年のタイムを16秒更新し、37分16秒でゴールし、お陰様でPB出すことができました。


⚫︎諸さん
恒例となったこの大会にことしも参加してきました。亘理出身のわたし、なんとコース途中に祖母宅の前を通るのです。今回も親せき達が全力で応援してくれました。

過去3回このレースに参加していますが、いずれも天気が悪く寒い。4回めの今年はやっと晴れました…と思ったら、今回は暑いくらい。
前の週にハーフを走っていたのでタイムは気にせずスタートしました。お天気が良かったせいか、いつもよりちょっとだけ多い応援に後押しされ、終わってみれば51分06秒のベストタイム。これも夏合宿の成果でしょうか。53分を切るのが隠れ目標だったのでとっても嬉しかったです。レース後みんなで食べた、振る舞いのはらこめしと豚汁も格別でした。

はらこめしに惹かれて来るのか意外にもシリアスランナーが多い気がします。コースは真っ平らでなんてことない田舎道(舗装はされています)が続きます。特に印象に残る風景もありませんが、線路沿いを通るので時間が合えばJR常磐線と並走できます。しかし手を振ったところで残念ながらあまり人が乗っていません。
コースのほとんどは3.11のあの日、津波のため浸水しました。祖母も消防のボートに助けられました。名前にもなっている「復興」を願いつつ来年みなさんも参加してみてはいかがでしょうか。



ちなみに、代表の阿久津は、ジュビロ磐田メモリアルマラソンのペースメーカーをしてきました。
仙台からは遠く離れていますが、ハーフマラソンのコース沿いは幼稚園や保育園の子どもたちの応援団が各所にあり、地元高校の吹奏楽部も各所で応援演奏をしてくれています!

とても温かな大会で、コースも平坦です。
そして、ハーフマラソン大会では珍しく1時間30分〜公式ペースメーカーがつきます

ちょっと遠出の大会ですが、来年いかがですか?